リバースドアスコープとは?犯罪から身を防ぐためにすべきこと

リバースドアスコープとは?犯罪から身を防ぐためにすべきこと

世の中には、数多くの防犯グッズがあります。リバースドアスコープも、そんな防犯グッズのひとつ。正しく使えば、一人暮らしの人が空き巣や不審者と自宅の中で鉢合わせになることを防げる便利なアイテムです。ところが、このリバースドアスコープが悪用される行為が後を絶ちません。

ここでは、犯罪につながるリバースドアスコープを悪用した行為の例や、そうした行為から被害に遭わないためのドアスコープの防犯対策について解説します。

リバースドアスコープの仕組み

リバースドアスコープとは、外見が万華鏡のような筒状の道具です。レンズがはめ込まれていて、外からドアスコープ(玄関扉ののぞき口)にあてると、室内の様子を外から確認できるようになります。

ドアスコープは魚眼レンズになっていて、中から外は見えても、外から中はぼやけてよく見えないようになっています。リバースドアスコープには、ドアスコープとは反対向きに魚眼レンズが取りつけられており、ドアスコープにこれを重ねることで、通常のガラスと同じように中の様子をのぞけるようになるのです。

リバースドアスコープの正しい活用法

リバースドアスコープは、自宅に忍び込んだ犯罪者と鉢合わせてしまうのを防ぐために活用する道具です。リバースドアスコープを使えば、外から中の様子がわかるので、帰宅時に家の中に不審者がいないかどうかを確認できます。

リバースドアスコープを悪用した行為の例

リバースドアスコープは、自宅に不審者がいないかどうかを確認するための道具ですが、犯罪につながるように悪用されてしまうこともあります。ここでは、リバースドアスコープを悪用した行為の例について見ていきましょう。

住人が在宅しているかどうかを確認する

リバースドアスコープは、その家に住んでいる人しか使えないというものではありません。空き巣がリバースドアスコープを使って、住人が不在であることを確認してから侵入を試みるケースもあります。在宅かどうかは、空き巣にとってターゲットを定める重要なポイントですから、リバースドアスコープはうってつけのアイテムだといえるでしょう。

家の中の様子をのぞき見する

リバースドアスコープは、侵入を試みる窃盗犯だけでなく、室内の様子をのぞき見たいストーカーや盗撮犯が利用するケースもあります。

窓やカーテンが閉まっていれば、室内で着替えをしたり、薄着で行動したりするのをためらわない女性もいるでしょう。しかし、玄関ドアと居室が遮られていない間取りの場合、リバースドアスコープを使って室内をのぞかれてしまうリスクがあります。

ドアスコープの防犯対策

ドアスコープが犯罪につながると意識せずに暮らしている人は、多いのではないでしょうか。しかし、実際には、リバースドアスコープを使って家の中をのぞかれたり、外からドアスコープを取り外して玄関の鍵を開錠されたりと、犯罪に悪用されることも少なくありません。

続いては、ドアスコープの防犯対策についてどのようなものがあるのか見ていきましょう。

ドアスコープに目隠しをつける

ドアスコープに目隠しをつける方法は、誰でも手軽にできる防犯対策です。取り急ぎの対策であれば、ガムテープなどで覆ってしまう方法もありますが、これでは家の中から外を見ることもできません。目隠しのカバーを回転させることで、見たいときだけ外の様子を見られる商品が販売されていますから、こういったアイテムを活用するのがおすすめです。

人気キャラクターがあしらわれた物など、デザイン面にも配慮した目隠しカバーもありますから、好みに合うものを探してみてはいかがでしょうか。

ただし、ドアスコープの目隠しで対処できるのは、下記のようなものとなります。

  • 窓室内の明かりがドアスコープ越しに外へ漏れるのを防ぐ
  • リバースドアスコープで中の様子をのぞかれるのを防ぐ

目隠しのカバーをつけても、ドアスコープを外側から外して鍵を開けられてしまう被害を防ぐことはできません。また、リバースドアスコープで中の様子を見ようとした窃盗犯が鳴らしたチャイムに反応し、カバーを外して外の様子を確認しようとすると、在宅であることがわかってしまいます。さらに、「カバーを外さないときは不在の可能性が高い」と推察される可能性もあるでしょう。
ドアスコープの目隠しは簡単にできる対策ですが、それ以外の対策と組み合わせることが大切です。

録画機能搭載カメラつきドアスコープに交換する

通常のドアスコープは、外の様子を見ることしかできませんが、ドアスコープに録画機能搭載カメラがついた商品もあります。このようなドアスコープに交換すれば、ドアチャイムの音や人の動きを検知して、ドアの前の様子を自動録画してくれます。在宅時はカメラからの画像をリアルタイムでチェックできますし、不在時も録画機能で訪問者の様子を残せるので安心です。

ただし、ドアスコープのサイズと合った商品を買わないと取りつけられないことがあるので注意してください。また、外から見たときにカメラだとわからないため、犯罪抑止にはつながらない可能性があります。

カメラつきインターフォンを設置する

カメラつきインターフォンがついている家は、外からでもすぐにわかります。「中から顔を見られる」「録画機能がついている可能性がある」とわからせることができるので、そもそも犯罪者に狙われにくくなる可能性があります。

とはいえ、賃貸住宅の場合、カメラつきのインターフォンを自分で工事して設置するのは現実的ではありません。その場合は、電気工事が不要な、ドアの上部に取りつけられるカメラつきインターフォンなどを設置するといいでしょう。

ホームセキュリティSecualで安心の暮らしを

ドアスコープを使った犯罪の抑制には、カメラつきインターフォンなどが役立ちます。しかし、そもそも顔を隠している犯罪者など、「録画されても構わない」と思っている相手に対する効果は薄いでしょう。そこでおすすめなのが、Secualの防犯システムです。

大音量のブザーで侵入者に警告

Secualの「開閉センサー」は、窓や扉の開閉・振動を検知して、「Wi-Fi ゲートウェイ」に通知を送り、大音量のブザーを鳴らします。不審者がドアスコープを利用してピッキングを行っても、扉を開けた時点でブザーが鳴りますから、その時点で侵入をあきらめる可能性が高いでしょう。

また、室内に忍び込まれてしまった場合も、「人感センサー」を使って人の動きを検知し、ブザーを鳴らすことができます。

これらのセンサーは、スマートフォンアプリから簡単にオンオフできますし、タイマーで毎日同じ時間にスイッチを入れることもできますから、家族の帰宅などによる誤動作の心配もありません。

工事不要で簡単に設置可能

Secualの防犯システムは、コンセントに差し込んだり、扉や壁に貼りつけたりするだけで利用できます。電気工事や設置工事不要で、誰でも簡単に取りつけられますから、手間がありません。

防犯システムが手元に届いたその日から、簡単に利用開始できます。初期設定や操作も、無料の専用アプリから簡単にできるので、機械に詳しくない方でも安心です。

対策をきちんと行い、リバースドアスコープを悪用した行為から身を守ろう

リバースドアスコープは便利な反面、犯罪に悪用されることもあるアイテムです。このようなアイテムがあることを知り、適切な対策をとることが、安心して暮らせる住まいづくりにつながるでしょう。

また、リバースドアスコープ対策だけでは防ぎきれない犯罪もあります。セキュリティシステムの導入といった防犯対策を組み合わせて、犯罪者につけ入る隙を与えないようにすることが大切です。

Secualの防犯対策をもっと知る

これまでのホームセキュリティは
「高くて面倒」

低価格
「誰でも使える」
ようになりました

詳しくみる

>

【工事不要】誰でも簡単!今すぐはじめる防犯対策



Secual (セキュアル) のホームセキュリティは機器が届いたら自分で簡単に設置・対策できます。



Secualを詳しくみる