庭の防犯できていますか?空き巣が好む庭の特徴とおすすめの防犯対策

庭の防犯できていますか?空き巣が好む庭の特徴とおすすめの防犯対策

空き巣は、できるだけ捕まるリスクを低くしようとします。そのため、事前に家の外から様子を確認し、狙いを定めて侵入してくる場合が多いものです。空き巣に「この家は狙いやすそうだ」と思わせないためには、住宅の防犯対策だけでなく、庭の様子にも気を配る必要があるでしょう。

ここでは、空き巣が好む庭の特徴と、庭の防犯対策について解説します。

空き巣が好む庭の特徴とは?

空き巣が好む庭の特徴は、「自分の姿が見つかりにくく、忍び込みやすい庭」です。具体的にどのような庭が該当するのが見ていきましょう。

身を潜めやすい

空き巣は、人から見られるのを嫌います。そのため、身を潜めやすい高い生垣やフェンスがある庭、大きな木があって隠れやすい庭は狙われやすくなってしまうのです。高い生垣やフェンス、塀などは、侵入者を防ぐ役割がありそうにも感じられます。実際に、高い塀や生垣がある庭に忍び込むのは、普通の人にとっては困難でしょう。

しかし、空き巣は、庭どころか鍵のかかった家の中にまで忍び込んでくる侵入のプロです。高い生垣や塀があって入りづらかったとしても、庭の中に入ってさえしまえば、人目を避けて侵入のための準備を行えます。近隣から通報されるリスクが低くなるため、空き巣にとっては、こうした庭のほうがデメリットよりもメリットが大きいのです。

手入れがされていない

手入れがされていない庭は、雑草や木が茂っていて見通しが悪かったり、物が多くて隠れる場所がたくさんあったりと、空き巣にとって好都合です。

さらに、庭の手入れがされていないということは、ちょっとした異変や配置の違いがあっても、外から気づかれにくいということでもあります。異変に気がついた近隣住民の方から「おかしい」と思われると中をのぞかれたり、住人に連絡が行ったりする可能性もありますから、異変を察知されづらいという点も、空き巣にとってはメリットになります。

また、庭の手入れがされていない家は、住宅の環境にあまり気を配っていないという印象を与えてしまうことも。「防犯意識が高くない家」「ルーズな家」と思われて、空き巣から目をつけられてしまうことがありますので注意しましょう。

ライトがついていない

住人の留守中に家に侵入する空き巣や、夜間の就寝中に盗みを働く忍び込みは、暗闇に乗じて家の中に侵入してくることがあります。ライトなどがなく、庭が暗い家は、侵入者の顔を見られるリスクも低く、忍び込みやすい庭だといえます。

足場がある

物置や大型の台、脚立などを庭に置いていると、それを足場にして2階のベランダなどから空き巣に入り込まれる可能性があります。

玄関ドアや1階の掃き出し窓の防犯対策はしっかりしていても、2階のベランダの窓は何の対策もしていないというご家庭も多いのではないでしょうか。2階に上る足掛かりがあると、簡単に隙をつかれてしまいます。

空き巣対策に効果的な庭の防犯対策

庭の防犯対策に気を配って、空き巣に狙われにくい家を目指しましょう。続いては、空き巣対策に効果的な庭の防犯対策をご紹介します。できるところから実践してみてください。

庭の整理・手入れをする

今すぐにできて効果的な防犯対策が、庭の整理や手入れをすることです。片づいていない庭や、雑草が伸び放題の庭は、空き巣に狙われる危険性を高めます。大掛かりなリフォームをするのは、お金も時間もかかりますが、庭に出しっぱなしになっている物の片づけや草むしり、庭木の剪定をするといったお手入れなら、休日に家族で行えば1日で対処が可能です。

また、きれいに片づいた庭は、帰宅した際の気分も上向きにしてくれます。「またすぐに使うから」と物を出しっぱなしにしたり、「いつか雑草を抜かないと」と思いながら放置していたりする人は、この機会にスッキリさせましょう。

外から様子が見えるようにリフォームする

先程ご説明したとおり、高い生垣や塀は空き巣にとって都合の良い目隠しになってしまいます。外から庭の中が見えないほど高い生垣や塀がある家は、リフォームすることもひとつの手です。

とはいえ、まったく外界と遮断されていない庭にするのは、抵抗があるという人もいるかと思います。そのような場合は、格子状のフェンスなど、外との境は明確だけれど視線はさえぎらないデザインの柵の設置がおすすめです。「外から見えること自体に抵抗がある」という人は、腰から上が目隠しになっていて、足元が開いているタイプのフェンスを検討してみてください。

フェンスや柵にもいろいろな形状やデザインがあります。カタログを取り寄せたり、外構工事の事例をチェックしたりして選ぶことが大切です。外構を大幅に変える工事は、工期も費用もかかります。防犯性とデザイン性、住みやすさを兼ね備えたフェンスや柵を探してみましょう。

人感センサーつきライトや防犯カメラを導入する

空き巣は明るいところを嫌いますから、人感センサーつきライトを設置するのも効果的です。人感センサーつきライトとは、人が近づくとライトがつくタイプの明かりです。忍び込もうとして家に近づいた不審者が急にライトに照らされれば、驚いて侵入をあきらめる可能性が高まるでしょう。

また、庭全体が映る位置に防犯カメラを設置するのも効果的です。防犯意識の高さを空き巣にアピールすることができますから、狙われにくくなります。ただし、ダミーのカメラは見破られる可能性が高いのでおすすめできません。

防犯砂利を敷く

防犯砂利とは、踏んだときに大きな音がする砂利のことです。リフォーム業者に依頼して敷いてもらうこともできますが、ホームセンターなどで販売されている砂利を買ってきて、自分でまいても問題ありません。空き巣は目立つことを嫌うので、防犯砂利が敷かれていて大きな足音が出てしまうような家は避けるでしょう。

ただし、防犯砂利を庭全体に敷き詰めるというのは手間がかかりますし、見た目も良くありません。人目につきにくい家の裏側やトイレ・浴室の窓の下、物置の近くなど、ピンポイントで防犯砂利を取り入れるのがおすすめです。

よく見える場所は人の目で防犯対策を行い、死角には防犯砂利を敷くことで、空き巣に隙を見せない庭づくりができます。

Secualのホームセキュリティでさらに安心

庭の防犯対策をどれほどしっかり行っていたとしても、ちょっとした油断が侵入を招くこともあります。空き巣被害を防ぐためには、「庭の防犯対策」と併せて「住宅の防犯対策」も行っておくことが大切です。

住宅の防犯対策としておすすめなのが、月額980円(税込1,078円)から利用できる手軽なホームセキュリティシステムのSecualです。

Secualは、扉や窓に取りつけて開閉・振動を検知する「開閉センサー」と、部屋の中の人の動きを検知する「人感センサー」、センサーからの通知を受け取って大音量のブザーを鳴らしたりスマートフォンへの通知を行ったりする「Wi-Fi ゲートウェイ」で自宅の安全を守ります。

開けっ放しも検知してくれるから安心

空き巣が侵入する手段として最も多いのは、鍵をかけていない窓や出入り口から侵入される「無締り」です。Secualの開閉センサーは、うっかり窓を開けっぱなしにして出掛けてしまったときもスマートフォンに通知を送りますから、すぐに気がつけます。

自宅に帰ってから「鍵が開けっ放しだった」と驚いたり、誰かが入り込んだ形跡がないか調べたりした経験がある人も、Secualなら安心です。

セキュリティシールで空き巣に警告

空き巣は、防犯意識が低い家を狙って忍び込みます。窓に取りつけるSecualの開閉センサーは、貼りつけ面が防犯シールになっていますから、「ホームセキュリティシステムを導入している」ということがすぐにわかります。これは、空き巣に対する警告になりますから、狙われるリスクを下げることができるでしょう。

庭の防犯対策と住宅の防犯対策で、空き巣に狙われない家に

庭と住宅の防犯対策を見直すことで、空き巣に「防犯意識が高い家だ」と思わせましょう。

防犯対策を十分にとった家は、そもそも空き巣に狙われにくくなることから、「効果があるかどうかわからない」と感じるかもしれませんが、被害に遭ってから慌てて対策を見直しても、損害を取り戻すことはできません。被害に遭ってから考えるのではなく、被害に遭わないための対策をとることが大切です。

「Secual」で今すぐ防犯対策をはじめよう!

ワンルーム/2LDK向け/一戸建て
選べるパックで迷わずにスタート!

 

工事不要で簡単設置

単品購入はコチラから!