不審者の侵入を防ぐ防犯センサーとは?種類や効果的な設置方法を解説

不審者の侵入を防ぐ防犯センサーとは?種類や効果的な設置方法を解説

侵入者を検知する「防犯センサー」には、さまざまな種類があります。それぞれ検知方法や適した設置場所が異なるため、特徴を理解した上で利用することが大切です。

ここでは、どのような場所に、どんなセンサーを設置すべきなのか、防犯センサーの種類と特徴をまとめて解説します。

侵入者を検知する防犯センサー

防犯センサーとは、侵入者を検知することを目的として設置されるセンサーのことです。建物に設置することで、空き巣や強盗などの侵入を未然に防いだり、トラブル発生時に迅速に周囲に知らせたりする効果が期待できます。

防犯センサーは、その用途や検知方法によって、「アクティブセンサー」「パッシブセンサー」「マグネットセンサー」「ガラス破壊センサー」の4つに大別することができます。それぞれ活躍できるシーンが異なるため、特徴を理解して使い分けましょう。

アクティブセンサー

アクティブセンサーは、侵入者や近づいてきた車、人などを感知するために使われるセンサーです。赤外線をセンサーから放出し、赤外線がさえぎられたり反射したりすることで不審者を検知します。侵入防止用として、玄関や窓、駐車場などに広く利用されているセンサーです。

なお、アクティブセンサーは、設置方法によってさらに2種類に分けられます。左右に1つずつ設置して赤外線をライン状に放出し、遮断された際に検知するタイプと、1つだけ設置して対象物に反射させて検知するタイプです。どちらも、人が通行する高さに設置します。

左右にラインを引くタイプのアクティブセンサーでは、上下の赤外線2本が同時に遮断されないと反応しません。そのため、落ち葉や鳥、ペットなどによる誤作動を防げるというメリットがあります。

パッシブセンサー

アクティブセンサーが赤外線を放出するセンサーであるのに対し、パッシブセンサーは対象物が発する赤外線を検知するセンサーです。

人間を含め、熱を持っている物はすべて赤外線を放出しています。そのため、パッシブセンサーを使うことで侵入者を検知できるのです。

パッシブセンサーは、天井や部屋の高い位置に設置して、侵入者を検知する目的で広く使用されています。アクティブセンサーが狭い範囲の侵入者を検知するのに対し、パッシブセンサーは室内に忍び込んだ不審者などを検知するのに役立ちます。

マグネットセンサー

マグネットセンサーは、窓や扉のように開閉する場所に設置するセンサーです。

まずは、窓枠と窓などにマグネットバーとセンサーをそれぞれ取りつけます。その後、「窓が開く」という動作が起こると、マグネットとセンサーが離れることになります。マグネットセンサーは、この動作を検知するのです。

もちろん、平常時に窓や扉を開けた場合は、作動しないように機能をオフにできます。外出時にオンにしておくことで、意図しない侵入を防ぐことが可能です。

ガラス破壊センサー

ガラス破壊センサーは、その名のとおり、ガラスの破壊を検知するセンサーです。ガラスを切断したり破壊したりするときの振動や音を検知することができます。

ガラス破壊センサーは、窓ガラスに直接取りつけて振動を検知するタイプと、室内の天井に取りつけて音を検知するタイプの2種類があります。どちらも、窓からの侵入を防ぐために活用されているセンサーです。

Secualの防犯センサーで窓や扉からの侵入を防ごう

防犯センサーを取りつけるなら、一つひとつ個別につけるよりも、まとめて管理できる物がおすすめです。

Secualでは、窓や扉に取りつける「開閉センサー」と、部屋の中に取りつける「人感センサー」を提供しています。センサーが異常を検知すると、即座に「Wi-Fi ゲートウェイ」が大音量のブザーを鳴らし侵入者を威嚇します。同時に、登録しておいたスマートフォンにも通知が来ますので、安心して外出できるでしょう。

開閉センサー、人感センサー、Wi-Fi ゲートウェイの取りつけは、すべて工事不要で簡単に行えます。シンプルでなじみやすいデザインなので、複数取りつけても物々しい雰囲気にはなりません。開閉センサーは窓の開けっぱなしにも対応しているので、うっかり閉め忘れてしまったときも素早く気づけます。

センサーのオン・オフは、タイマーで管理することも可能です。生活リズムに合わせてセットしておけば、いちいちスマートフォンで切り替える手間もありません。もちろん、手動で操作することもできます。それぞれのライフスタイルに合わせて、Secualの防犯センサーをご活用ください。

防犯センサーの活用が毎日の暮らしを守る

玄関や窓に防犯センサーを設置することで、空き巣や強盗から自宅を守ることができます。いざというときにセンサーが反応してブザーが鳴り響けば、侵入者の多くはそれ以上の深追いを避け、あきらめることでしょう。

また、センサーは侵入をもくろむ犯罪者の天敵で、「設置されている」という事実によって侵入を断念させる効果もあります。防犯センサーを設置し、自宅の安全性を高めることが大切です。

「Secual」で今すぐ防犯対策をはじめよう!

一人暮らし/二人暮らし/ファミリー
選べるパックで迷わずにスタート!

 

工事不要で簡単設置

単品購入はコチラから!