電気をつけっぱなしにすると防犯対策になる?灯りと防犯の関係性

電気つけっぱなしにすると防犯対策になる?灯りと防犯の関係性

「空き巣などの犯罪者は、明るいところを嫌う」というのは、よくいわれることです。そのため、防犯対策として家の電気をつけっぱなしにしておくという人もいるでしょう。しかし、電気のつけっぱなしは、防犯につながることもあれば、逆効果になってしまうこともあります。

ここでは、防犯のために電気をつけっぱなしにするときのポイントや、そのほかの防犯対策について解説します。

電気のつけっぱなしが防犯に効果的な理由

電気をつけっぱなしにすることで、空き巣などの侵入窃盗犯から狙われにくくする効果が期待できます。

そもそも、他人の家に忍び込んで悪事を働こうという犯罪者は、住人の留守中を狙うことが多く、周囲の人の目にもふれたくないと考えるのが一般的です。だからこそ、暗闇に潜んで犯行を行うケースが多くなります。

「家の電気をつけっぱなしにする」という防犯対策は、このような犯罪者の心理を利用したものです。電気をつけておけば、周囲が明るくなりますから、通りがかった人や近所の人が不審者の顔や行動を目撃しやすくなるでしょう。

また、電気がついているということは、住人が家の中で活動していて忍び込むのはリスクが高いと思わせることができます。

防犯目的で電気をつけっぱなしにするときのポイント

電気をつけっぱなしにすることは、防犯対策として一定の効果があります。ただし、防犯目的で電気をつけっぱなしにする場合、気をつけなければいけないこともあります。覚えておきたいポイントをいくつかご紹介しましょう。

部屋の中を見られないように気をつける

外が暗いときに家の中の灯りをつけると、内部の様子がはっきり見えてしまいます。部屋の間取りや家具の配置といった情報を侵入窃盗犯に与えてしまうことになりかねませんから、十分な注意が必要です。

また、家の中を見られることで、「この家は女性の一人暮らしだ」「高齢者が一人で暮らしているようだ」といった情報を知られてしまう可能性もあります。さらには、「電気はついているけれど、どうやら留守中だ」とわかってしまった場合、電気をつけっぱなしにする意味がなくなってしまいます。

このような問題を回避するためには、カーテンを活用することが大切です。家の電気をつけるのは、必ずカーテンを閉めてからしましょう。また、よほどの高層階でない限り、向かいのビルや道から窓の中が見えてしまうリスクもあります。「2階だからカーテンを閉めなくてもいいだろう」などと、油断しないようにしてください。

電気をつけっぱなしする効果が高いのは玄関や裏口

電気をつけっぱなしにする」といっても、家中の灯りを常につけておくのは現実的ではありません。寝室が明るくては眠りが浅くなってしまいますし、電気代もかかってしまうでしょう。

電気をつけっぱなしにする場所は、人の出入りがある玄関や裏口がおすすめです。特に玄関の灯りは、帰宅時に鍵を捜す際にも便利ですし、夜間の宅配便や来客時にも何かと役立ちます。

センサーライトやタイマーつきライトも活用する

家の内外で使えるライトの中には、センサーがついた物やタイマーつきの物など、さまざまな種類があります。

例えば、朝8時に家を出て、夜20時に帰宅する人の場合、外出中の昼間も常に灯りをつけておくというのは、電気代がもったいないですし、「いつも電気をつけているだけで不在なのでは?」と思われる可能性もあります。

そこで便利なのが、時間に合わせて電気がつくタイマーつきのライトや、外が暗くなったときに自動で点灯するライト、人の動きを検知してセンサーで灯りをつけるライトなどです。このようなライトは、導入時にコストがかかりますが、より効率良く、効果的な防犯対策につながります。

電気をつけっぱなしにする以外のおすすめ防犯対策

電気をつけっぱなしにすることも防犯対策につながりますが、それだけではやや不安が残ります。これからご紹介する対策を組み合わせることで、より空き巣から狙われにくい家にすることが可能です。

家の周りを片づける

家の周りに荷物が多いと、侵入窃盗犯の足場にされたり、身を隠す際に使われたりすることがあります。物が多いと視覚からの情報量が増えるため、そもそも不審者が目立ちにくくなってしまうということもあるでしょう。

家の周りの整理整頓は、お金をかけずに手軽にできて効果的な防犯対策です。すっきりした暮らしにもつながりますから、ぜひ実践してください。

防犯ガラス・フィルムを活用する

窓からの侵入を防ぐための対策には、防犯ガラスや防犯フィルムがあります。防犯ガラスは、ガラスのあいだに特殊な膜を挟んで破壊に時間がかかるようにした物、防犯フィルムは窓に貼ることで強度を高められる物です。

防犯ガラスの窓や防犯フィルムを貼った窓は、破壊に時間がかかるので、侵入をあきらめさせる効果が期待できます。警察庁や民間関係団体などで構成されている官民合同会議が高い防犯効果を認めた防犯ガラス・防犯フィルムには、「CPマーク」と呼ばれるシールが貼付されていますから、そのシールがあることによって空き巣に対して犯罪を思いとどまらせることもできます。

ただし、賃貸物件の場合、どちらも利用できないことがあるので注意してください。防犯ガラスへのリフォームはもちろんですが、防犯フィルムについても、管理会社に確認するようにしましょう。

補助錠をつける

補助錠とは、ドアや窓に後から取りつけられる鍵のことです。鍵を複数つけておけば、それだけ侵入に手間がかかります。窃盗犯は手間のかかる家は避ける傾向があるため、補助錠を取りつけることでも、空き巣被害のリスクを軽減できるでしょう。

玄関はワンドアツーロックでも、窓は1つしか鍵がついていないこともあります。鍵が1つしかない開口部には、補助錠をつけることを検討してください。補助錠なら賃貸物件でも取りつけられる物があるので、賃貸住まいの方の防犯対策としてもおすすめです。

自宅の安全を守るホームセキュリティSecual

Secualは、自宅の安全を守るホームセキュリティです。窓や玄関の開閉・振動を検知する「開閉センサー」と、室内に入り込んだ侵入者の動きを検知する「人感センサー」で、自宅の異常を素早く検知できます。

センサーが異常を検知した後は、「Wi-Fi ゲートウェイ」が即座に大音量のブザーを鳴らして侵入者を威嚇。同時に、事前登録した家族などに通知が届きます。

電気をつけっぱなしにしておかなくても、Secualのホームセキュリティを導入すれば、留守中や就寝中も安心です。

月々980円からのリーズナブルな価格

Secualの利用料金は、月々わずか980円(税込1,078円)からと、非常にリーズナブル。高額な費用をかけずに最先端技術を活用したセキュリティを利用できるのが、Secualの魅力です。

手軽に始められて効果的なセキュリティシステムを探している場合は、ぜひご検討ください。

電気のつけっぱなしでは、ある程度の防犯効果しか見込めない

電気をつけっぱなしにすることは、ある程度効果のある防犯対策だといえるでしょう。しかし、電気をつけておけば被害に遭わないとはいえません。電気をつけっぱなしにしておくというのは、あくまでも簡易的な対策であることは覚えておく必要があります。日頃の暮らしに隙がないかどうか、あらためて確認することが大切です。

防犯対策に不安を感じたときは、電気をつけっぱなしにすること以外の対策も組み合わせ、自宅の安全性を高めていくのがおすすめです。