Post navigation

スマート・セキュリティのSecual(セキュアル)と積水化学 太陽電池で駆動する次世代セキュリティセンサーを共同開発 ~発電しながら駆動するセキュリティセンサーとして、エコプロ2017出展~

株式会社Secual(本社:東京都渋谷区、代表取締役:青柳 和洋、以下Secual)と、積水化学工業株式会社(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:髙下 貞二、以下積水化学)は積水化学のフィルム型色素増感太陽電池(以下フィルムタイプDSC)を活用したSecual次世代セキュリティセンサーの共同開発を進めております。このたび、2017年12月に開催される「エコプロ2017」※において、積水化学ブースに本製品を出展致します。

1.開発の背景

積水化学にて開発したフィルムタイプDSCは、「低照度でも発電(照度500ルクス以下)」「薄い(1mm以下)」「軽い(ガラスの1/10以下)」「曲がる」「貼れる」という特徴を有しております。この特徴を活かし、屋内(住宅、事務所)・車内・地下街など様々な場所で使用されるエネルギーハーベスト用独立電源として、まずは電子広告及びIoTセンサー分野にて事業化を推進しております。
一方、Secualは次世代セキュリティセンサーの開発・事業化を進めており、あらゆるIoT機器と同様に、長期間安定的な動作を実現するための電源供給が重要な課題となっております。この課題に対するソリューションとして、Secualと積水化学は、フィルムタイプDSCを搭載したスマートセキュリティセンサーを共同開発いたしました。

2.製品の特徴

今回開発したセキュリティセンサーには1次電池、2次電池、フィルム型DSCが組みこまれており、以下の特徴があります。
○軽量・薄いため、窓などに貼りつけて使用可能
○自ら発電した電力で駆動し、余った電力は2次電池に充電可能
○夜間や雨の日でも2次電池からの電力によりセンサー駆動可能

【DSC搭載Secual次世代センサー試作機】

3.ターゲットとしている用途

防犯サービス及び見守りサービスとしての利用を考えております。
○防犯モード: 窓に設置したセンサーが反応したら、警報発生するとともにモバイルデバイスへ異常を通知
○見守りモード: ドアや家電などに設置したセンサーが、一定期間反応がなければモバイルデバイスへ異常を通知

4.今後の事業展開

上記のセキュリティセンサーについて、製品化に向けた更なる改善を行い、Secualより2018年度販売を目指します。

※ エコプロ2017について:
名称 :エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展 [第19回]
会期 :2017年12月7日(木)~9日(土) 10:00~17:00
会場 :東京ビッグサイト[東4ホール 小間番号4-023]  詳細は下記URL参照
URL :http://eco-pro.com/

<株式会社Secual 概要>
社名 :株式会社Secual
代表 :代表取締役 青柳 和洋
設立 :2015年6月2日
所在地 :〒150-0011 東京都渋谷区東一丁目32番12号
業務内容 :スマート・セキュリティ製品の開発・製造・販売等及びその運営サービスの提供
URL:http://secual-inc.com/

<積水化学工業株式会社 概要>
社名 :積水化学工業株式会社
代表 :代表取締役社長 髙下 貞二
設立 :1947年3月3日
所在地 :(東京本社)〒105-8450 東京都港区虎ノ門2丁目3番17号
URL :https://www.sekisui.co.jp/

※Secualの名称・ロゴは、日本国およびその他の国における株式会社Secualの登録商標または商標です。
※その他記載の会社・団体名及び製品名(商品・サービス名)は各社・各団体の商標または登録商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。

About secual